1. ホーム
  2. ≫酵素ダイエットの基礎知識と効果的なドリンク

酵素ダイエットの基礎知識と効果的なドリンク

酵素の役割

酵素とは

最近話題の酵素ってそもそも一体なに?

 酵素とは人間の体に必ず欠かせないもので、食べ物の消化や吸収を助ける役割や新陳代謝を活性化してくれる役割など、その他、人が生きていくのに欠かせない重要な役割をたくさん担っています。
その酵素の一つの役割として口から取り入れた食品をエネルギーに変える役割をしてくれます。ということは、酵素がなかったらただの脂肪になっていた物質をエネルギーに変換してくれるのですね。

あまり食べないのにすぐに太ってしまう…という方に対して、たくさん食べても全く太らない♪なんて体質の方がいますが、この場合、体内の酵素が活性化していて、食物を分解してはエネルギーに変えてくれているからです。
酵素には様々な種類があり、食物を分解する酵素は分解しかしません。

その他に、皮膚をつくる酵素や免疫細胞をつくる酵素などがあり、それぞれがそれぞれの役割を担っています。
酵素が無ければ人間は生きてはいけません。とっても大切なこの、酵素。体内には5000種類もの酵素があり、それぞれの役割を果たしているそうです。

 そして、その酵素の役割が今、ダイエットやアンチエイジングだけでなく医療や健康という分野でもとても話題になっているのです!

酵素の効果

酵素を体内に取り入れるとまず、温熱作用で体が不思議なくらいにポカポカとしてきます。
新陳代謝がアップして、お肌も綺麗になりますし、デトックス効果で便秘にも効果を発揮します。
ビタミンやミレラル、コラーゲンと同時に摂取すると、体内への吸収も良いので美容に大変効果があります。
特に「生きた酵素」を体内に取り込むのが効果的と言われています。

 

酵素はどのように摂取すればいいの?

酵素は体内で自然に作られるものですが、実は年齢を重ねるごとに減少していきます。特に20代を境目に減少が激しくなり、そのため意識して積極的に体外から摂取していって補充しなければなりません。
昔は酵素といえば、発酵食品という形で摂取していました。

発酵ジュースを自分で作ったりするのもいいですが、なかなか手間がかかり毎日つくるのは大変!
最近では、酵素のサプリやドリンク、粉末など、色々な商品が出ているので、それらを口から摂取するのがおすすめです。

 

生きたままの酵素

酵素の摂取でもっとも効果的なのが、「生きたままの酵素を摂取すること」です。生きたままの酵素とは、酵母菌を発酵させた状態でドリンクなどにします。
酵素は熱に弱く50~70℃の温度でも死んでしまいます。加熱した酵素には効果は殆どありません。

 生きたままの酵素を摂取すると、舌にのせた瞬間から舌がぽかぽかとしてくるそうです。
これは、休眠していた酵素が唾液中の水分と反応して活性化するからです。
そして、老廃物を分解するときに起こる分解熱が発生します。

生きたままの酵素を摂取することにより、ダイエット、アンチエイジング、そして新陳代謝や血液の浄化、便秘解消など、さまざまな女性の悩みを解決する役割を果たしてくれるのです。

お気づきになることがありましたら是非