1. ホーム
  2. レシピ
  3. ≫レジュビラックと酢のドリンクで植物乳酸菌水(レジュビラック)を飲みやすいドリンクにする

レジュビラックと酢のドリンクで植物乳酸菌水(レジュビラック)を飲みやすいドリンクにする

玄米

植物乳酸菌水(レジュビラック)を飲みやすいドリンクにするレジュビラックと酢のドリンク

つくり方 (レジュビラック1人分)

玄米(予め発芽玄米を使っても良い)    1.5合
ミネラルウォーター          1リットル

  1. ㈰    玄米は表面の殻についたゴミをとる為、流水でよくすすぐ。そのまま玄米が浸る水(分量外)に浸し、一晩置く。
  2. ㈪    水に浸した玄米をザルにあげて二日室内に置く。ぬめりを取る為、一日2回流水ですすぐ。発芽すればミネラルウォーター1?に漬け、混ぜながら2日程度置く。気泡が出てきたら発酵している為、異臭(ぬかの匂い)がしないうちに密閉容器に移す。
  3. ㈫    残った発芽玄米は、再度レジュビラックをつくる為にも使え、そのまま炊いてもよい
  4. ㈬    上澄みのレジュビラックを飲む際、酢適量、はちみつを加える。このことによって飲みやすくなるが、加熱すると酵素の働きが弱まる為、48度以下の温度は保つ。

こんな時に酵素ドリンクがいい

酵素ドリンクはスムージーや野菜ジュースが一般的です。

レジュビラックはマクロビオティックで使用される植物を発酵させた乳酸菌水で、穀物や米で作られるものですが、酵素ダイエットを行う上で重要な食材である玄米を使うと、より酵素量が多く身体に言いものとなります。

整腸作用、肌をつややかにする作用などがある為、コンスタントに摂って、レジュビラックをつくった後の玄米は酵素玄米にするというサイクルをつくるとより効果的にダイエット出来ます。
玄米には好き嫌いがあり、それまでやわらかい白米を食べていた人にとっては抵抗がある場合も多いです。

植物乳酸菌水レジュビラックは美味しくない?

このレジュビラックも、そのものはあまり美味しいものではありません。お米のとぎ汁のような匂いは、時間が経過すればそれだけ強くなり、飲みにくくなる為、特に夏場に作った場合には発酵の調子を見て早めに上澄みのみをとる事が必要です。

また、そのままで飲みにくい場合、酵素の働きを亢進させる酢を少々と、蜂蜜を入れるとずっと飲みやすくなり、蜂蜜のミネラル成分もプラスされます。

レジュビラックもいいのですが、私は産後のたるみなんかも気になるので結局のところ、お嬢様酵素の手軽さにはまってます。体重は2kgほど落として肌のたるみ改善に向けて愛飲してます。

お気づきになることがありましたら是非