1. ホーム
  2. レシピ
  3. ≫ポークソテー酵素林檎ソース〜ビタミンBが摂れる豚肉をフルーティなソースで和えるレシピ

ポークソテー酵素林檎ソース〜ビタミンBが摂れる豚肉をフルーティなソースで和えるレシピ

豚肉ソテーと酵素ドリンク

ビタミンBが摂れる豚肉をフルーティなソースで〜ポークソテー酵素林檎ソース

材料:

2人前
※酵素林檎シロップについては別記レシピを参照
豚ロース肉  2枚
小麦粉    少々
塩・コショウ 少々
オリーブオイル 少々
酵素林檎シロップ 大さじ2
(ソース)
玉ねぎ   大1個
みりん   大さじ1
醤油    大さじ2
ニンニク  1かけ
ケチャップ (好みで)少々

つくり方

㈰     豚ロース肉はフォークで表面にまんべんなく穴をあける。境目の筋を切り、
塩・コショウを表面にすり込み、少々置く
㈪    玉ねぎ大1個はすりおろし、みりん、しょうゆ、すりおろしたにんにく1かけと合わせる。
㈫    ロース肉の表面に小麦粉を付け、熱したオリーブオイルで焼く。強火で焼き始め、表面に焼き色がついたら弱火にし、肉汁が出たら裏返す。ごく弱火のまま蓋をし、全体に火が通るようにする。
㈬    鍋に㈪を入れ、火を通し味を見て、必要に応じてケチャップ少量を混ぜる。火から下した後は十分に余熱を取る。
㈭    ㈫の余熱が取れれば酵素林檎シロップを回し掛け、㈬のソースを併せる。付け合せの野菜、くし切りのレモン等と盛り付ける。

こんな時に酵素ドリンクがいい

豚肉は成長を促進するビタミンBが豊富な為、ダイエット中の栄養源として適しています。

また、脂分が良質でカロリーが低いのも豚肉の特徴です。オレイン酸などの不飽和脂肪酸が含まれる為、焼くときに通常のポークソテーで利用するバターの代わりに、同じく不飽和脂肪酸の含まれるオリーブオイルを利用するとより健康的です。

火を通した後、酵素リンゴシロップをあわせますが、この時肉自体の温度が48度を超えないように注意しましょう。酵素はこの温度を超えると不活性になるという特徴があります

元々フルーツとよく合う豚肉ですが、肉自体にシロップを掛ける事によって風味が引き立ちます。

玉ねぎの香り成分であるアリシンは、ビタミンBの吸収を助ける働きを持ちます。また、香味成分であるだけでなく、血液の凝固を遅らせる力があります。これが「玉ねぎで血液がサラサラになる」といわれる理由です。

お気づきになることがありましたら是非