1. ホーム
  2. ダイエット
  3. ≫ダイエットについて5Kgだけ減らしたい時に選ぶ方法

ダイエットについて5Kgだけ減らしたい時に選ぶ方法

普通に生活してるだけで増える体重。

そんな太りやすい体質でありながら、いろいろダイエットして、うまい具合に体重が安定していたのに、暴飲暴食が重なるタイミングでまた増えた体重。

年末年始の忘年会や新年会、春先の歓迎会、、秋には食事が美味しくて、、。

つい食べすぎて広がった胃袋は以降の生活で空腹感をどんどん脳へ伝えてきます。

お腹すいた~

一度食べ過ぎると、お腹が空きやすくなり、気がつけば体重5kgも増えていた!

 

長く生きてるとよくある小太り原因ですね(笑)。

 

46kgが私のベスト体重なのに、50kg超えしちゃった。

52kgになる前になんとかオーバー5kgをもとに戻したい。

 

そういう時に頑張ってみたいダイエット候補を書き残しておきます。

 

健康的なダイエットは何はなくとも運動

なので、まずは運動によるダイエット法

ウォーキング

ストレッチ

ラジオ体操

毎日気軽に続けられるのはこんな感じかと思います。

 

 

近年、いろんなダイエット方法が溢れていて

  • どれが一番自分にあっているのか
  • どれが一番効果的なのか
  • 楽して痩せるダイエット法はないのか

 

などなど

情報が溢れているだけに、選ぶのが難しいと思いますが、

そこで無理なく続けられるダイエット方法についてご紹介していきたいと思います。

断食

 

まずは

ダイエットの基本

「いつまでに何キロ痩せるか」という目標を立てることです。
「なりたい自分を想像する」ことはとても大切です。

ここで間違ってはいけないのが

短期間で無理な計画を立てないこと!

 

一気に痩せようとすると、どうしても食べないダイエットに頼ってしまします。

これはすぐに結果がついてくるので、一番早道とは言えますが、

食事制限だけで痩せようとすると、美しく痩せることは出来ません。
顔にはシワが出来、肌荒れや便秘の原因にもなりかねません。

 

それに、食べないダイエットでは落ちて欲しくない部分から

痩せていくのです。

そう。。。女性なら一番気になる胸からしぼんでいきます。

これでは最終的になりたい自分になることは出来ませんね。

 

ただやはり今まで通り食べたいだけ食べていたら絶対に痩せることは出来ません。

そこで覚えておきたいのが、

 

摂取カロリー<消費カロリー

 

にすることです。

逆に言えば、食べたければそれ以上に消費カロリーを増やせばいいのです。

40代女性の1日の理想摂取カロリーは、だいたい1800kcalと

言われています。

 

一般的には有酸素運動がダイエットには効果的とされていますが、

有酸素運動だけでは痩せにくいのが事実です。

 

そこでオススメは

有酸素運動+筋力トレーニング

 

この二つが合わさってはじめて美しく痩せることが出来ます。

筋力がアップすると、それだけ身体の基礎代謝も上がり、

痩せやすい身体作りが出来ます。

最近は体重計で簡単に自分の筋力や基礎代謝の数値が測れるものがあるので、

一度自分の今の身体の状態を知ることもいいでしょう。

 

手軽に出来る有酸素運動で思いつくのは

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • サイクリング

 

普段から少し早めに歩くことを心掛ける、通勤の際、一駅手前から歩いてみる、

エスカレーターやエレベーターを使わず、階段を登る、

夕飯後に近所をジョギングする・・・など、

まずは気負わずに出来ることから初めてみることです。

そこで注意したいのが、

有酸素運動は20分以上続けないと効果がでない

 

ということです。

20分以上続けてこそ、脂肪燃焼に繋がるのです。

20分以内でやめてしまうと、ほとんど脂肪は燃焼されていないことになります。

ただやみくもに長時間続ければいいという訳でもないので、

身体が疲れすぎない、呼吸が乱れない、うっすら汗をかくくらいを

目安に20分以上を心掛けましょう。

 

そして、筋トレも忘れてはなりません。

自宅で出来る筋トレと言えば、

  • スクワット
  • 腹筋
  • 腕立て伏せ

 

スクワットをしたら足が太くなると敬遠される女性は多いと思いますが、

それは逆です!

スクワットはダイエットにも美しい身体作りにも

大変オススメの方法です。

二の腕にはダンベルを使っての筋トレもオススメです。

ダンベルが自宅にない方も多いと思いますが、わざわざ買う必要もなく、

ペットボトルに砂や水を入れて代用するのもいいでしょう。

筋トレも1箇所につき15分以上行うことがオススメです。

しんどいな、辛いなと感じる程度に負荷をかけることが大切です。

筋トレは中々目に見えて効果があらわれるには時間がかかりますが、

着々と土台作りが出来ていると信じて、継続は力なりです。

 

順序としては、

筋トレ→有酸素運動 の順が良いでしょう。

重要なのは痩せやすい身体作り

 

食事制限で一気に落とした体重は、簡単に元に戻ってしまいます。

そう、一番怖いのがダイエットの大敵リバウンド!

痩せるのは一苦労だけど、元に戻るのは一瞬です。

そこで大切なのが

痩せやすい身体作りという点です。

女性では多くの方が冷え性にお悩みだと思いますが、

これは血行が悪い証拠。

血行が悪いと、脂肪や老廃物をためやすくなります。

冷え性もダイエットには大敵です。

日頃から温かい飲み物や、体を冷やさない食べ物を意識し、

体の内側から変えていきましょう。

女性にとっては産後の骨盤の歪みも痩せにくい原因に

なっているので、骨盤ベルトなどで矯正するのも良いでしょう。

 

筋肉が発達してくると、おのずと基礎代謝も上がり、

痩せやすい身体作りにも繋がります。

無理なく続ける食事コントロール

 

多くの方が1日3食を食べていると思いますが、

ダイエットを始めるからと1日2食に減らす方がいらっしゃいます。

そうするともちろん1日の総摂取カロリーは抑えられているかもしれませんが、

前回の食事からかなりの時間が経っているので、身体への吸収がよくなり、

血糖値が上がりやすくなります。

健康的にダイエットをするなら1日3食のうち

1食をサラダやヨーグルトを軽く食べるなり、

流行りの酵素ドリンクやスムージーなどに置き換えるなど、

3食食べても、1日の総摂取カロリーは抑えられるはずです。

あと覚えておきたいのが、18時以降は摂取したカロリーは

脂肪になりやすいということです。

なので、可能であれば、夕食は18時頃に済ませることが理想です。

以前、たまごダイエットやトマトダイエットなど、

1種類の食べ物だけでダイエットする方法が流行った時期があります。

確かに、量が減っている分、一時的に体重が減るかも知れませんが、

この方法はオススメ出来ません。

食事コントロールをするならば、カロリーは抑えて、

しっかりとバランスの取れた栄養は摂取することを

心掛けましょう。

そして、野菜をたくさん摂取すること!

野菜を食べる利点は何と言っても食物繊維、ビタミン、ミネラル、酵素など

新陳代謝やホルモン分泌を正常に機能させるための欠かせない成分が摂れる上に、

カロリーはないので、いくら食べても太らないのです。

 

痩せやすい時期を知ること

 

女性ならご存知の方も多いと思いますが、

ダイエットにはホルモンが深く関係しています。

生理が終わるとエストロゲンというホルモンが分泌されるので、

このエストロゲンがダイエットには効果的とされています。

逆に生理前、生理中はいくら頑張っても痩せにくい体質になっているので、

ダイエットをするなら生理後がオススメということになります。

 

質の良い睡眠を取ること

 

実は睡眠はダイエットに大きく関係しています。

睡眠中には脂肪を分解してくれるホルモンが分泌されています。

お肌にも理想とされているのは、23時〜26時の間に質の良い睡眠を取ることです。

不規則な生活、睡眠不足は肥満の原因となります。

十分な睡眠を心掛けましょう。

スポンサーリンク

お気づきになることがありましたら是非